バンビウィンクを妊娠中・授乳中に飲むとどうなる?知って安心!!

更新日:

バンビウィンクの妊娠中・授乳中について

 

バンビウィンク 妊娠中 授乳中

バンビウィンクは妊娠中・授乳中に飲んでも問題ないのでしょうか?

バンビウィンクは副作用なく飲むことができますが、もし妊娠中・授乳中に飲んで赤ちゃんや母体に悪影響があったら怖いですよね。ここでは、バンビウィンクの妊娠中・授乳中について詳しく書いていますので是非参考にしてくださいね!

 

バンビウィンクは妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫?

結論から言いますと、バンビウィンクは妊娠中・授乳中に飲んで問題ありません。

バンビウィンクなどのサプリメントは薬ではなく「身体に良い栄養素」を摂取することが目的ですので、母体や赤ちゃんに悪影響を与えることはないんです。

妊娠中・授乳中だと色々気を使いますよね。

まつ毛を伸ばしたいからといって、毎日バンビウィンクみたいなサプリを飲んでいいのか??

赤ちゃんに悪影響を与えてしまうんじゃないか…。

健康な身体で生まれないんじゃないか…。

バンビウィンクは妊娠中・授乳中に飲んでも母体や赤ちゃんに悪影響を与えることはありません!!

しかし、もし心配な方は1度かかりつけの医師に相談してから飲むようにした方が気持ち的にも安心ですね(*´ω`*)

バンビウィンク 妊娠中 授乳中

バンビウィンクに含まれている成分は?

バンビウィンクは妊娠中・授乳中でも大丈夫!…そんなこと言われても正直納得できない…。

そう思われる方もいるかと思います。

どこの誰だか分からないやつが言っていることを鵜呑みにして、自分の運命を預けることなんて私もこわくてできません!(>_<)

しかし、バンビウィンクに含まれている成分は、妊娠中・授乳中に摂取した方が良い成分ばかりであることをご存知ですか?

バンビウィンクの成分を元に妊娠中・授乳中でも安全な理由を細かく説明したいと思います。

バンビウィンクの全成分の詳細

全成分…ビオチン450μg(1日の目安量の10倍)ポリアミン200μg(1日の目安量の4倍)その他(ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、Lシスチン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、クロム、セレン、モリブデン、ヨウ素、マンガン)

このようになっていますが、成分を見ただけでは身体に良いのか悪いのか判断できないと思いますので、成分の詳細を下記にまとめました☆

ビオチン…ビタミンB群に属する水溶性のビタミンのことで別名ビタミンHと言います。体内でエネルギーを作り出す手助けをするほかに、皮膚や粘膜の維持、爪や髪の健康に深く関わっているビタミンです。不足するとアトピー性皮膚炎や脱毛などの皮膚症状や食欲不振、うつなどの症状が現れます。赤ちゃんや母体の健康を考えると妊娠中・授乳中に摂取しておいきたい成分です。バンビウィンクに含まれているビオチンは1日の目安量の10倍含まれていますが、ビタミンですのでどれだけ多く摂取したとしても問題はなく副作用もありません。

ポリアミン…ポリアミンは体内でアミノ酸から作られる成分で、加齢と共に減少する成分です。ポリアミンには多くの育毛剤に含まれているミノキシジルと同等の育毛効果がありますが、副作用なく身体に優しい成分です。バンビウィンクでは1日の目安量の4倍のポリアミンを摂取しますが、身体に優しい成分なので副作用の心配は一切ありません。

ビタミンB2…エネルギーの産生に関わる酸化還元酵素の手助けをして働きます。ビタミンB2は「発育のビタミン」とも言われ、妊娠中・授乳中の方に摂取してもらいたい成分です。発育促進に重要な役割を果たす他、皮膚・髪・爪などの細胞の再生にも効果があります。副作用のある成分ではありません。

ビタミンB6…基本的にビタミン群は身体に良い成分なので妊娠中・授乳中の方に摂取してもらいたい成分になります。ビタミンB6は、補酵素(酵素の働きを助ける成分)として多くのアミノ酸の代謝を助けています。免疫機能の正常な働きの維持・皮膚の抵抗力の増進、・赤血球のヘモグロビンの合成・神経伝達物質の合成などの生理作用もあり、脂質の代謝にも関与しています。また、葉酸とともに赤血球を作ります。副作用のある成分ではありません。

葉酸…妊娠中・授乳中の方が摂取したい成分として有名な成分が葉酸です。葉酸は赤血球の生産を助けるビタミンで、体の発育にも重要な役割を担っています。葉酸は細胞の分裂や成熟を大きく左右するため、特に「赤ちゃん」にとっては重要な栄養成分であると言えます。妊婦が葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんの先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができます。副作用のある成分ではありません。

ビタミンC…コラーゲンを作るのに必須の成分です。毛細血管・軟骨・はなどを正常に保つ他、日焼けを防ぐ作用や抵抗力を強める働きがあります。抗酸化作用があるので美肌効果や健康効果にも注目され、がんや動脈硬化の予防、老化防止にも有効であることが分かっています。副作用のある成分ではありません。

ビタミンE…抗酸化作用が非常に強く、過酸化脂質の生成を抑制し、血管を健康に保つ他、血中のLDLコレステロールの酸化を抑制したり、赤血球の破壊を防いだりする作用もあることが知られています。また、細胞の酸化を防ぐ為老化防止にも効果があります。副作用のある成分ではありません。

ベータカロチン…体内でビタミンAに変換されます。目の神経伝達物質となり、活性酸素を抑え、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守ります。皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、あわせて免疫力を高める働きもありますがんの予防にも効果があるといわれています。副作用のある成分ではありません。

L-シスチン…アミノ酸は、実に18種類にも及ぶものから構成されていて、その中で一番多く含まれているアミノ酸がL-シスチンです。育毛効果に重要な役割を持っている他、美白効果にも注目されています。また、体内でアレルギーを引き起こすヒスタミンの血中濃度も低下させてくれる効果や、血中のコレルテロールの増加を抑えてくれる効果もあるので肝機能の衰えを防いでくれます。副作用のある成分ではありません。

カルシウム…骨や歯の主要な構成成分になる他、細胞の分裂・分化、筋肉収縮、神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進などに関わっています。副作用のある成分ではありません。

マグネシウム…エネルギー産生機構に深く関わっており、栄養素の合成・分解過程の他、遺伝情報の発現や神経伝達などに関わっています。また、カルシウムと拮抗して筋収縮を制御したり、血管を拡張させて血圧を下げたり、血小板の凝集を抑え血栓を作りにくくしたりする作用もあります。副作用のある成分ではありません。

亜鉛…赤ちゃんや乳児の発育や生命維持に非常に重要な役割を果たしている他、骨の成長や肝臓・腎臓・インスリンを作るすい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラルです。副作用のある成分ではありません。

…貧血予防に欠かせないミネラルである他、免疫力を高める効果があります。動脈硬化の予防や神経伝達物質の産生などにも関わっています。副作用のある成分ではありません。

クロム…血糖を調節するホルモンであるインスリンの働きを強める作用があり、炭水化物や脂質の代謝に関わっています。血糖値やコレステロールを下げる働きがあります。副作用のある成分ではありません。

セレン…ビタミンEの働きを助けます。抗酸化作用があり、酸化による老化や組織の硬化を予防したり、もしくはそれを遅らせたりします。副作用のある成分ではありません。

モリブデン…肝臓や腎臓に多く存在し、体内での代謝や体の中に入った有害物質を分解する酵素の成分として、微量ですが必要なミネラルです。鉄分の働きを高め、造血に関わる作用があることから、「血のミネラル」とも言われています。糖質や脂質の代謝を助けます。副作用のある成分ではありません。

ヨウ素…甲状腺ホルモンの構成成分になっているミネラルです。甲状腺ホルモンは、細胞の発達や組織の成長を促したり、基礎代謝を高めてエネルギー消費量を増やしたりします。副作用のある成分ではありません。

マンガン…酵素の構成成分になったり、酵素を活性化したりして、結合組織の合成や酸化防止などをはじめとする、体内の代謝に広く関わっています。副作用のある成分ではありません。

このように、バンビウィンクに含まれている成分を詳しく調査しましたが、どれも安心して飲むことができます。

また、どの成分も副作用になり得る成分は1つも含まれていないんです(^^)

バンビウィンクの裏面には、「妊娠中・授乳中の方は医師または専門家にご相談ください」と明記されていますが、成分を見る限り妊娠中・授乳中に摂取したからといって赤ちゃんや母体に悪影響を与えることはあり得ません。

しかし、なんでもそうですが飲み過ぎは身体に毒です。

バンビウィンクの摂取量は1日2粒が目安となっているので、まつ毛を早く伸ばしたいからといって1度の大量のサプリを飲んでしまるとどれだけ身体に良いものでも体調を壊してしまう可能性があります。

ですので、妊娠中・授乳中は1日2粒の目安を守り、飲み過ぎないように注意してくださいね☆彡

バンビウィンク 妊娠中 授乳中

バンビウィンクのQ&A

Qバンビウィンクは敏感肌でも大丈夫?
Aバンビウィンクは敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方でも安心して飲むことができます。私は元々まつ毛美容液を使っていましたが、目元が荒れてしまうことが多かったので今ではバンビウィンク一択になりました。肌が荒れることもありませんし、肌に良いビタミンを摂取しているので以前より肌にハリやツヤが出ている気がします。
Qバンビウィンクは男性でも飲める?
Aバンビウィンクは男性でも飲むことができます。まつ毛を伸ばしたい全ての方を対象としています。それに、薄毛の原因は女性ホルモンと男性ホルモンにバランスが崩れてしまうことが大きな原因なのですが、バンビウィンクは女性ホルモンに作用するサプリとなっているので、男性ホルモンの多い男性がバンビウィンクを飲めばホルモンのバランスを保ちやすくなり、薄毛対策になります。
Q体毛が濃くなることはないの?
Aバンビウィンクを飲んで体毛が濃くなることはありません。バンビウィンクは女性ホルモンに影響を与えるのですが、女性ホルモンが関わっているのは無性毛という種類の毛になります。無性毛は生まれたばかりの赤ちゃんでも生えている毛のことで、髪・眉毛・まつ毛・爪も無性毛に属しています。ですので、脇・胸・ひげ・腕・足・下の毛など、思春期以降に伸びてくる毛(性毛・男性ホルモンが関係)には影響を与えません。
Qバンビウィンクはどこが最安値?
Aバンビウィンクは大手通販サイトや東急ハンズ・マツモトキヨシの2つの店舗で販売されていますが、公式サイトが1番最安値となっています。公式サイトであれば980円でバンビウィンクを試すことができますし、お得な定期コースは「いつでも解約OK」となっています。
Qバンビウィンクのデメリットは?
Aバンビウィンクのデメリットは、その人の今の毛周期によって効果が早いか遅いかに分かれるところと、粒が少し動物臭いことです。まつ毛の毛周期は3ヶ月~4ヶ月で成長初期・成長期・休止期・退行期の4つに分かれるのですが、まつ毛を伸ばしたいのであれば成長初期・成長期にどれだけ多くの栄養を与えたかによって決まります。それに、休止期や退行期方バンビウィンクを飲み始めてしまうと効果が出るのに少し時間がかかることもあります。
Qバンビウィンクはいつ効果が出るの?
A早い方ですと飲み始めてすぐに、遅くても3ヶ月程度で何かしらの変化を感じるはずです。バンビウィンクの口コミでは「すぐに効果がでる」や「3ヶ月以内に効果がでる」と言う意見が多いです。私は飲み始めてすぐにまつ毛が太く抜けにくくなりました。
POINT

バンビウィンクの口コミが知りたい方は、このサイトのトップページである、バンビウィンクの口コミや効果に騙されるな!効かない人の8つの特徴!を参考にしてくださいね(^^)/

バンビウィンクの妊娠中・授乳中についてのまとめ

ここでは、バンビウィンクを妊娠中・授乳中に飲んでも問題ないのかについて書いていきました。

バンビウィンクは妊娠中・授乳中に飲んでも問題ありません!!

1日2粒の目安を守り、過剰摂取に気を付けさえすればバンビウィンクはあなたの強い味方になってくれるはずです(^^)/

あなたもバンビウィンクで綺麗なまつ毛を手に入れてくださいね☆彡

-バンビウィンクに関する記事

Copyright© バンビウィンクの口コミ・効果に騙されるな!効かない人の8つの特徴! , 2019 All Rights Reserved.